チントレとサプリの併用

トレーニングで増大する

陰茎トレーニングとは陰茎を増大するためのトレーニングで筋トレにも似たところがあります。

陰茎は下腹部からつながっている筋肉と臀部の方からつながるPC筋という筋肉でできています。

陰茎トレーニングというのはこの上下の筋肉に働きかけて陰茎をよりいっそうギンギンにする目的のトレーニングです。

陰茎トレーニングの具体的な方法は腹筋をしたりスクワットをしたり陰茎を伸ばすトレーニングというものがあります。

これらの運動をすることにより陰茎そのものが硬く太くなり、勃起したときのギンギン具合に貢献してくれます。

毎日続けることにより着実に陰茎増大や陰茎の勃起力のパワーアップに貢献できるのでぜひ続けてみてください。

増大するためのマッサージ

陰茎を巨大化させたり勃起力をつけたりという方法にはジェルキングというマッサージがあります。これはその名の通りジェルをつかって陰茎をマッサージすることにより増大を目的とするものです。

ジェルキングの具体的な方法としては以下のようになります。まず陰茎を蒸しタオルで温めます。次に陰茎を勃起状態にして、人差し指と親指で輪っかを作るようにしてジェルを使って根元から亀頭側に向かってスライドしていきます。

ポイントしてはスライドするときに根元から血流を流し込むようなイメージで亀頭に向けてスライドしていきます。

陰茎増大クリーム

陰茎を増大するためには増大クリームというジェルが売られています。

陰茎の血流を改善する成分が配合されていて、普通のローションより効果的と言われています。陰茎に塗ってマッサージをすることにより血流が増大します。

増大クリームの効果は、温熱クリームみたいに陰茎に塗ると陰茎が熱くなってきます。

この陰茎増大クリームは先ほどの陰茎増大マッサージと同時にやることにより陰茎への血流効果を発揮してくれること間違いなしでしょう。

メンズサプリを飲む

メンズサプリには男の自信に必要なシトルリンやアルギニンがふんだんに配合されています。

特にシトルリンとアルギニンは普段の食生活で摂取することがしにくいといわれているので、メンズサプリなどを使って積極的に取り入れたいものです。

シトルリンとアルギニンをメンズサプリで効率的にたくさん摂取することにより、男の勇気が湧いてきます!

自分でビッグな男になるためには、メンズサプリを使ってみるのがおすすめです。

男の自信を促す方策

ペニストレーニングなどの外部から圧力をかける方法とメンズサプリなどのような内部から並列して使うことにより思う存分活力みなぎる身体作りができるでしょう。

ペニストレーニングなどの外部の刺激に対して、ペニス成長に必要な栄養素が体内に満たされていれば、みなぎる男の自信につながらないでしょう。

メンズサプリは体の内部に取り入れるものものですが、ペニストレーニングは外部から血流を促進したりペニスを牽引したりするものです。

男の自信を確実なものにするなら、外部からの刺激と内部からの刺激のダブルで目指しましょう。

ミルキングのやり方

ミルキングというのはその名の通り乳搾りのようなものであり、道具などは必要ありませ年。

ミルキングに期待できる効果はペニスへの血流促進効果により亀頭の増大です。

ミルキングの手順はまずペニスを半勃起状態にします。次に、ペニスを根元から指全体をつかって絞るようにしていきます。

小指から順にペニスを握ることにより、ペニスへの血流が根元から亀頭の先まで届くようになります。

亀頭の先端まで血流を行き渡らせることにより、ペニス全体に血流を行き渡らせて、カリ高のペニスを目指すことができます。

亀頭が小さくて悩んでいる人にはこのミルキングが一番おすすめのペニストレーニングになります。

ジェルキングって何?

ジェルキングというのはローションやジェルなどをつかってペニスの竿部分に圧力をかけていく方法です。

ジェルキングをする主な目的は、ペニスを長くしたり、ペニス全体への血流量を増やしたりということが目的です。

ジェルキングの手順を解説すると、まずペニスを半勃起状態にしてローションを塗ります。そしたら親指と人差し指でつくった輪っかでペニスの根元からカリまで往復運動をします。

ジェルキングは自分の指を使った牽引法とも呼べるものです。ペニスは人体によって固定されているので、竿の何割かは体の内部に埋もれているのです。

体内に埋もれている部分のペニスをそとに引き延ばすようにするので、ペニスの太さや仮に悩んでいる人よりは長さに悩んでいる人にうってつけのトレーニング手法だといえるでしょう。

ジェルキングにもミルキングと同じくペニス全体への血流促進効果を期待できます。

男の自信方法を比較する

男性諸君のみなさんであれば、誰でも一度は男の自信を大きくしたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

ペニスを定規ではかったり、メジャーで太さを測ったり、温泉などで他人のペニスと比べてみたりしたひとは多いのではないでしょうか。

自分のペニスが大きくて自信があれば問題ありませんが、小さかったりしたらずっと気になってしまうのではないでしょうか。それが原因で性生活に消極的になったり女性とのワンナイトを誘いにくくなったりということもあるのではないでしょうか。

そしてペニスサイズが小さいと思っても、それをどうやって改善して悩みを克服すればいいのかわかるひとはあまりいないのではないでしょうか。

ペニスサイズに自信がない人のために、どうやったらペニスを一番効率的に、コスト面も安く抑えて、最大限に増大できるのかを紹介していきたいと思います。

真っ先に思いつくのは増大手術だと思いますが、その他にも有名なものとしては増大器具だったり、増大トレーニングだったり、メンズサプリがあります。

増大手術のメリットとデメリット

男の自信を大きくしたいけど、手術をしてまで増大したくないというひとはほとんどだと思いますが、実際に増大手術には、どれくらい費用がかかって、どれくらい時間がかかるものなのでしょうか。

増大手術にはどんなメリットやデメリットがあるのか簡単に解説していきたいと思います。

増大手術の内容をおおまかにわけると、陰茎を長くする手術や太くする手術や亀頭だけを大きくするものがあります。

ペニスの靱帯を手前に引き出して長くしたり、ペニスにヒアルロン酸などを注入して太さをアップしたりという手術があります。

増大手術というのは物理的なものなので、確実に増大できるというメリットがあります。

増大手術自体も短時間で終わりますし、入院などの必要もないので、その日に返ることができます。

上記がメリットになります。次にデメリットですが、手術には保険が適用されませんので費用がとても高くなります。

ヒアルロン酸を注入して亀頭だけを大きくするというものであれば、数万円ですが、メスを入れるようなものだと数十万円かかることもあります。

また、手術後に痛みや腫れがでることもあるので、オナニーやセックスなどの性行為全般ができないというデメリットもあります。

増大手術の最大のデメリットは勃起したときのサイズは増大できないというものがあります。

せっかく手術をして、痛みにも耐えたのに、勃起したサイズが変わらなかった何のために手術をしたのかわかりませんよね。

これから男の自信をしようと思っている人で、増大手術を検討している人は、こういった点をしっかり認識しておきましょう。

増大器具のメリット

器具には大まかに分けて牽引タイプとポンプタイプの二つがあります。

ポンプタイプの男の自信器具は、ペニスに取り付けて、吸引することにより、ペニス全体に圧力がかかって、海綿体の血流量がアップして、増大に導くという代物です。

もう一つの牽引タイプの男の自信器具はペニスの竿を引っ張って付加をかけることにより自然にペニスが増大するというものです。

これらのメリットは増大器具を使って直接ペニスに圧力をかけるので増大しやすいというメリットがあります。

実際にすぐに何らかの実感を得ることができれば、モチベーションが維持できると思います。

ポンプタイプのデメリットとしては短期間でペニスに付加をかけることでしょう。過度に行うとペニスの細胞が傷ついてしまったりします。

他にも毎日使い続ける必要があるので、途中でどうしてもめんどくさいという心理になってしまうと思います。

もう一つの牽引タイプの増大器具のデメリットは装着する時間が長いと言うことです。休憩も入れると5時間くらい装着し続ける必要があります。

睡眠中に増大器具を付けていると外れてしまってペニスを傷つけてしまうこともあるので、睡眠中は使わないことをおすすめします。

つまり、起きているときはほぼすべて増大器具を装着しておくことが大切ということです。他にも安い器具を使うとデメリットがあります。

安い増大器具を使うと、痛いだけで実際に増大できないこともあるのので、安いものを使うのはおすすめしません。

メンズサプリのメリットとは

メンズサプリのメリットは飲み続けるだけでいいので手軽に使い続けることができます。

メンズサプリに入っている成分には男をパワーアップさせる成分がたくさん入っています。

科学的に解明されている男の自信のメカニズムから、本当に男の自信をたぎらせる成分をたくさん配合されているのです。

用法用量を守って飲むようにすれば薬のような副作用のリスクは全くなく、安心安全に男の自信を目指すことができます。

それぞれのサプリによっては、GMP認定された工場で衛生管理や品率管理が行き届いた環境で製造されているので、安全性や品質が高いといえるでしょう。